日本の自動販売機は世界的に有名ですが、中に入っている具体的な商品はあまり知られていません。おなじみのものがたくさんありますが、いくつかの典型的な日本のソフトドリンクを試すこともできます. また、ユニークな名前のスポーツドリンクから鮮やかな緑色の炭酸飲料まで、コンビニの品揃えも興味深い。

ヤクルト・飲むヨーグルト

ヤクルト・飲むヨーグルト

ヤクルトは世界中で知られています。飲み物は日本で生まれ、長い間、すべての日本の家庭の心臓部 (および冷蔵庫) で特別な場所を占めてきました。65mlまたは100mlの小さなボトルで販売されているヨーグルトは、腸の健康をサポートすると考えられているLactobacillus casei Shirotaのようなプロバイオティクスを含むマイルドな甘さを持っています. 1930年代に代田稔氏によって発明され、日本や台湾、南米などの国々でヤクルトレディによって家庭に届けられました。

SEE ALSO  日本で試すべき 10 の飲み物: 何杯飲んだことがありますか?

カルピス . 無炭酸清涼飲料

カルピス – 日本を訪れる前におそらく多くの人が試したことがない、珍しい味の非炭酸飲料. 乳白色の香りと酸味のあるこの飲み物は、しばしばヨーグルトに例えられ、1919 年以来出回っています。カルピス – この名前は英語ではおかしく聞こえますが、実際にはカルシウムの cal と sarpis の pis を組み合わせたもので、サンスクリット語でバターを意味します。

北米では、混乱を避けるために飲み物はカルピコに改名されました. このドリンクは、カルピスの創業者である三島海運が中国のモンゴル旅行中に試した伝統的な培養乳製品であるアイラグから着想を得たと言われています。カルピスは、牛乳、酵母、乳酸菌を用いて発酵させ、砂糖を加えてさらに発酵させたものです。

ポカリスエット スポーツドリンク

ポカリスエット – 日本の清涼飲料としては珍しいブランドの 1 つです。軽いグレープフルーツの風味が、暑い夏にとても役立ちます。1980年に大塚製薬が水分補給や回復のための電解質補給飲料として誕生した清涼飲料水です。「ポカリ」自体に意味はありませんが、その軽快な印象からこの言葉が選ばれ、「汗」は運動によって失われる電解質や栄養素を指します。

SEE ALSO  日本の有名なノンアルコール飲料10選

この飲み物は今や世界中で人気を博しており、その名前はそれを有名にしたと信じられています. 飲み物は、粉末のパック、ボトル、缶で販売されており、日本中の自動販売機で一般的に販売されています. その他の人気の軽食には、キリンのソルティ ライチとアクエリアスがあります。

ラムネレモネード

ラムネは日本のお祭りやお菓子屋さん、地元のお店などでよく見かけるノスタルジックな飲み物です。ラムネは日本初のレモネード味の商品です。1884年、スコットランドの薬剤師アレクサンダー・キャメロン・シムが港町神戸に炭酸レモネードに似た飲み物を紹介しました。通称「まぶソーダ」。

その後、ボトルにビー玉を入れて開けやすくし、コレラの予防にも貢献したことから、この飲み物は瞬く間に全国に広まりました。ビー玉はガラス瓶と一緒に保管されており、子供や家族、夏の思い出を再現したい人のお気に入りのおもちゃです。当初、ドリンクのフレーバーは黄レモンと緑レモンのみでしたが、現在はより多様なフレーバーが用意されています。チェリー、ユズ、マスクメロン、ムスク、シャンパン、そして照り焼き(バーベキューソース)やわさびなどの変わったフレーバー。

甘酒

甘酒は白米から作られる温かい飲み物で、自然な甘さがあり、老若男女問わずお楽しみいただけます。

通常、アルコール度数は低め(1%未満)ですが、甘酒はノンアルコールで作ることもできます。伝統的な製法では、醗酵工程に純米(ノンアルコール)か日本酒(低アルコール)を使います。甘酒には糖質、アミノ酸、酵素、ビタミンB群が含まれており、おいしさと栄養を兼ね備えた味わいです。甘酒は通常、冬に茶屋で販売され、店舗では暑くても寒くても一年中販売されています。

メロンソーダ(メロンソーダ)

メロンソーダ(メロンソーダ)
メロンソーダ(メロンソーダ)

メロンソーダは日本の伝統的な飲み物ではありませんが、この鮮やかな緑色の飲み物は旅行中に試してみる価値があります. クリームソーダに似た味ですが、メロンシロップが入っています。メロンの味がしないのに、妙に美味しいドリンクです。ファミリーレストランやカラオケバーのドリンクディスペンサーでメロンソーダを楽しむことができます。このフレーバーは、日本市場向けにファンタをはじめとする主要ブランドに採用されています。日本で最も人気のあるブランドの 1 つはサンガリアですが、サントリーなどの他のブランドにもこのメロン味のドリンクがあります。

デカビタCエナジードリンク

ユーザーのビタミン強化を約束するデカビタCは、主に疲れを感じている方向けの製品です。店の棚の定番であり、二日酔いの効果的な治療法と考えられているため、この飲み物はすぐにわかるかもしれません. デカビタCという名前は、ビタミンの「ビタミン」の「デカ」とビタミンCの「C」を組み合わせた造語で、ビタミンB1、B2、B6、B12、Cを含む8種類のビタミンとローヤルゼリーエキスを配合しています。 P、ナイアシン、パントテン酸。炭酸水なので、マイルドなはちみつの風味がすっきりしますが、思ったほど柑橘系ではありません。

SEE ALSO  日本の名物ドリンクは一度試してみてください

三ツ矢サイダービバレッジ

三ツ矢サイダービバレッジ

日本のサイダーは、ジンジャー ビールとレモネードを混ぜたようなノンアルコール飲料です。味は濃くありませんが、とても人気があり、特にお酒と合わせて飲むことが多いです。この飲み物の最も有名なブランドは、1884 年以来市場に出回っている三ツ矢です。アサヒが所有するこのブランドは、三ツ矢サイダーから作られた有名な炭酸キャンディーも製造しています。ボス コーヒーと同様に、有名人の支持が欧米メディアでのブランドの宣伝に役立っています。ポップスターのリック・アストリーは、80 年代から 90 年代にかけてブランドの顔として活躍しました。

むぎ茶 むぎ茶

夏に人気のお茶で、大麦を焙煎したもので、日本語では「むぎ茶」と呼ばれています。緑茶の方が人気がありますが、暑い時期の水分補給に最適な飲み物と言われているので、麦茶は依然として強い位置にあります(1年中入手可能ですが). 夏になると、飲食店では麦茶が配られるようになり、コンビニエンスストアでもお茶が店頭に並び、自動販売機には麦茶が常備されます。マイルドな味わいと後味の特徴が特徴の麦茶は、いずれ万人に好まれる飲み物となるでしょう。

ボスコーヒー

全国の自動販売機やコンビニエンスストアなどで広く販売されているサントリーのボスコーヒーブランドの缶コーヒーです。1992年から現在に至るまで、ボスのコーヒーには、ボス ボスプレッソ、ボス カフェオレ、ボス ブラックなど、40種類以上のコーヒーがあります。この飲み物は、日本では一般的であるように、季節ごとにホットまたはコールドで販売されます. このブランドが急速に有名になった理由の 1 つは、トミー リー ジョーンズのようなハリウッドのカルト人物の支持によるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です