さくらんぼランドを訪れる過程では、景色を眺めたり、魅力的な料理を楽しんだりするほか、水屋を訪れて一度は飲んでみたい日本の名物ドリンクを発見できると語った。

日本の伝統的な飲み物といえば、すぐに日本酒や緑茶が思い浮かびます。しかし、その創造性と豊かさで有名な国では、彼らはそこで止まりません. 以下は、独特の味だけでなく、多くの健康効果をもたらす 6 種類の日本の特製ドリンクをご紹介します。

日本酒

日本酒

日本酒は、多くの観光客が味わいたい日本の有名な飲み物です。当初、このワインは王室や国の宗教的な祭典の人々にのみ提供されていました。それが一般の人々の間で人気のある飲み物になり、過去2000年間日本の文化生活において重要な役割を果たしたのは、12世紀後半までではありませんでした. 今日、約 2,000 の大小の蒸留所が約 10,000 種類の酒を生産しており、この国の精神の特徴と多様性を外国人に紹介することを目的としています。

SEE ALSO  トップ6の飲み物は、ジムに行く前に飲むべきではありません.

日本に旅行する際、訪問者が試飲する機会を逃してはならないいくつかの人気のある種類の日本酒:

純米酒とは、アルコールやでんぷんを一切含まず、約30%の純米のみで造られたお酒です。味わいはやや強めで、香りは軽やかですが、純米ワインの楽しみ方としては、熱燗で飲むのも美味しいです。

本醸造は純米に似ていますが、少量のアルコールを加えて風味を高め、香りを高めています。このワインを造る際の米の精米度は70%で、本醸造酒は加熱せずに普通に飲めます。

吟醸酒は酵母を加えたお酒ですので、発酵温度が低くなり、香りがより保たれます。このワインに使用されている米粒は、40% 裏ごしされています。レストランでは吟醸酒の風味を保つためによく冷やして提供しますが、冷やしすぎるとワインの味が死んでしまうのでよくありません。

大吟醸は、米の6割程度を精米したお酒で、他の3種よりも香りが強いお酒です。ワインの余韻も短く、頭が痛くなりにくく快適です。このタイプのワインには、アルコール分を希釈するために蒸留アルコールが添加されています。

上記の4つの有名な日本酒ワインに加えて、訪問者は日本への旅行中に他の種類の日本酒も店で販売されています. 例:信州、甲州、生酒、手造り、にごり酒など

ホッピーワイン

ホッピーワイン

東京・浅草に下町という大胆な和の雰囲気の飲み屋があります。この界隈だけに「ホビー」と呼ばれる特別なワインがあります。コクハ社製のアルコールを含まない、ほんのりビール風味のドリンクです。研究によると、ホッピーは、インフルエンザや頭痛などの成人の季節性疾患の予防に役立つため、日本では健康的な飲み物です。

昔、日本ではビールがとても高価だったので、ホビーは日本酒に似た酒である焼酎と混ぜてビールのように飲むために作られました. 通常のビールのような色のホビーと、ドイツのビールのような黒のホビーがあります。

お酒好きの方は、ホビーで焼酎の分量を調整することで、お好みのアルコール濃度に調整できます。そのため、お酒が得意な方も苦手な方も、それぞれの実力に合わせてお楽しみいただけます。

これは日本の関東地方の飲み物で、地球上のどこにもほとんどありません。焼き鳥と一緒に食べると言葉が出ない美味しさです。

さくらの間

さくらの間

さくら茶は、繊細な桜の花に着想を得た有名な日本の飲み物で、花びらの優しい香りを保つために繊細さが求められます。日本人はリラックスするのに役立つだけでなく、細胞を若返らせ、免疫システムを強化するのにも役立つので、さくら茶を飲むのが好きです.

SEE ALSO  日本の有名なノンアルコール飲料10選

東京や他のいくつかの大都市の多くのバー、レストランがこのお茶を販売しています. 日本旅行の際は、さくら茶の甘さと優しい香りを味わってみてください。

緑茶

「緑」は緑、「茶」はお茶を意味するので、緑茶は日本で煮沸された緑茶の総称です。緑茶にはさまざまな苦味の種類がありますが、一般的に、緑茶は抗酸化作用があり、健康を促進し、体重を減らすこともできるため、地元の人々が毎日飲む飲み物です。

青汁の水

青汁の水

近年、日本では青汁と呼ばれる青い飲み物が爆発的に流行しています。スーパーマーケットでは、数十種類の青汁が販売されています。

日本語では、青汁は文字通り「緑の水」を意味します。これは、この飲み物を作る材料にケール、大麦、緑茶の葉が含まれているためです。味はかなり苦いですが、青汁は体にとても良い水です。科学者による研究によると、この飲み物はビタミンとミネラルが豊富で、栄養を補い、寿命を延ばすのに役立ちます.

Matcha Latte

Matcha Latte

日本人は通常、抹茶パウダーとミルクで作られた抹茶ラテで朝を始めます。ミルクの甘みで中和されているので苦味はほとんどなく、お好みで甘みを加えたり、甘さ控えめにしたり、ホットでもコールドでもお飲みいただけます。

研究によると、緑茶は心血管系の強化、抗酸化作用、癌の予防に役立ちます。そのため、抹茶パウダーも日本への旅行の際に購入することが多いお土産です。

食べ物を楽しむことは、フー タンの文化をより深く知るための手段でもあります。旅行の際には、日本の特製ドリンクを楽しむ機会をお見逃しなく。

キーワード:一度は飲んでみたい日本の名物酒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です