日本について考えるとき、独特の文化と強力な経済を持つ国をすぐに思い浮かべます。 さらに、私たちの誰もが、日本について議論する際に、間違いなくエキサイティングなスーパーヒーロー映画や独特の漫画シリーズを持ち出すでしょう. 特に、最も魅力的で魅力的な要素の 1 つです。 私たち一人一人が日本の素晴らしい観光スポットに惹かれます。

プーシー山

静岡県と山梨県の間には活火山があります。標高3776mの日本一高い山です。古来より美術作品に共通するテーマであり、日本を代表するものとなっています。多くの人から崇められている富士山の頂上に神社があります。周辺には白糸の滝やサファリ富士公園などの見どころがあり、夏には多くの登山客が訪れます。他の関連する文化的モニュメントとともに、2013 年に世界文化遺産に指定されました。

梅雨明け後の7月下旬から9月下旬にかけて2日連続で富士山に登るのがおすすめです。ゆっくり起きたい方は平日がおすすめです。クライミングプログラムにより、クライミングゲートが変わります。 7月1日から9月中旬まで山梨県の吉田線が運行。 7月上旬から9月上旬にかけて、静岡県の富士宮線、須走線、御殿場線が運行。ホームページでは毎年登山日をお知らせしていますので、よくお読みください。

登山日を決めたら、次は富士山公式サイトの地図を見ながら登山計画を立てましょう。車やバスで山の標高の 50% まで移動する可能性があるため、出発と到着のタイミングを慎重に計画してください。次の主要なプログラムがあります。山の休憩所で一晩過ごしました。標高70、山の80%で一晩過ごしました。そして、同じ日に戻って一晩過ごしました。のんびり歩くと往復で12~14時間。宿泊希望の方は事前予約が必要です。

天候に適した服装をするには、シンプルで柔軟な服を着てください。高地の天候は変わりやすいので、レインコートをご持参ください。快適で丈夫な靴を履くことを忘れないでください。寝袋、地図、1 リットル以上の液体が入った水筒、キャンディー、日焼け止め、ティッシュ、ビニール袋、応急処置用品、フェイス クロス、小銭など、登山には不十分な物を持ち運ぶのは困難です。

姫路城

姫路城

東京から西に 650 キロ、兵庫県姫路市の中心部に、姫路城として知られる歴史的な日本の城があります。姫路は「白鷺」とも呼ばれています。白鷺は高貴な鳥であり、紳士的で純粋な性格を表しているからです。姫路城、松本城、熊本城を合わせて「三重国宝(三大国宝)」と呼ばれる城です。姫路は三城の中で最も有名です。

姫路城は、播磨の武将・赤松則村の命により、1333年に築城されました。則村の息子である定則は、1346 年にさらに居住地と付属施設を建設しました。一部の専門家によると、本城は 16 世紀半ば頃、黒田重隆とその息子である黒田基隆の治世中に築城されました。羽柴秀吉が城に赴き、独自の3階建ての建物を建設し、黒田官兵衛重高が地域を担当しました。やがて、木下家定と羽柴秀吉が城の所有権を掌握することができました。将軍徳川家康の養子である池田輝政公は、関ヶ原の乱の際にこの城を支配するためにこの城に到着しました。

SEE ALSO  【福岡 志賀島】ゴールデンウィーク最終日 志賀島のカフェと神社と海で満喫 意外に近い志賀島の旅 #福岡旅行 #福岡カフェ #福岡カフェ巡り | 志賀 島 インスタ 映えの一般的な内容が最も詳細です

今、誰もが目にする壮麗な白鶴城は、1618年に完成しました。 本多氏の次は、松平王朝、榊原氏と続きます。 1749年、酒井忠澄が領主に就任。将軍(幕府)の時代が終わった後、彼の後継者は1868年の明治(明治)の改革に参加しました。

姫路城は、日本に 4 つしかない城の 1 つで、1931 年にユネスコによって国家遺産に指定されました。主な塔、いくつかの小さな塔、接続された回廊、27 の「やぐら」 (弾薬と食糧貯蔵庫)、15 の門、および100メートルの城壁は、国の文化財に指定され、現在も残っている建造物です。内運河全体と中央運河の一部は、元の中世の形で維持されています。

厳島神社

厳島神社

厳島神社がある広島県の宮島。日本の内海である瀬戸海に浮かぶ神社の大鳥居は、世界中のガイドブックで国のシンボルとして取り上げられています。かつては厳島と呼ばれていましたが、神社(大宮)が近くにあったことから宮島と呼ばれるようになりました。

水上に立つ厳島神社の鳥居。高さ16メートル、重量60トン。現在の鳥居は約 140 年前に建立されたもので、寺院は 1400 年以上前に建てられて以来、最初に何度も再建されています。地面に土台がなく、海底だけにあるこの鳥居が、その重さで支えられているのには驚かされます。

厳島神社は、国宝にも指定されている水に浮かぶ朱色の美しさが魅力的です。寺院の本堂には、現在 3 人の女神が祀られている本堂があります (1)。鳥居から主電源までの距離は約160メートル。

神社内には舞楽、能などの日本の伝統芸能の舞台もあります。他にも、朱色の柱が印象的な回廊や、中央に急勾配のアーチが美しい反り橋など、見所がいっぱいです。

東大寺

東大寺

通常東大寺と呼ばれる東大寺は、日本の奈良市にある仏教寺院です。国内最古の寺院です。世界最大の木造建築物は本堂です。この寺院は、華厳仏教の指導のための日本の主要なハブの 1 つとして機能します。

ドンダイ パゴダは約 1,500 年前からありますが、何度かの修理と修復が行われたため、以前のように寺院の素晴らしさと威厳を反映していません。それぞれ高さ 100 メートルの 2 つの建造物は、ドン ダイ パゴダの最初の建物の複合体の一部でした。これらの 2 つの建造物は、当時世界で最も高く、エジプトの塔を上回りました。これら 2 つの構造はアクセスできなくなりました。 1709 年に修復され完成した現在の建物は、以前の建物よりも 30% 小さくなっています。

SEE ALSO  遼東半島 | 関連する知識の概要遼東 半島 地図最も詳細な

東大寺の壮麗な建築的偉業の 1 つは、1199 年に建立された東大寺 (南大門 – 南大門) の三門の門である東大寺です。現代の三方門は、以前の門の元の形で再建されました。門は直径 1 メートル以上、高さ 20 メートルの 18 本の柱で支えられています。三門の両側には、樹齢800年以上の高さ約8メートルの木造の守護像が一対立っています。フィギュアは木彫師として名高い運慶氏によるもの。この像には 3,115 の木材が使われています。貴重な工芸品を収容する寺院や宝物は、大仏殿から南北および東西の軸に沿って 1 キロ以上にわたって延在する寺院の敷地全体に見られます。国の富。そのうちの 7 点は、国家遺産の作品と見なされます。日本最大の古代寺院の 1 つである東大寺には、貴重な文化的および歴史的意義を持つ遺物がいくつかあります。仏塔には現在、国宝に指定されている 20 体の仏像やその他の芸術作品があります。

SEE ALSO  【登山初心者必見】日本百名山完登者がすすめるお手軽最高の山とは⁉︎ | 長野 県 登山 初心者に関連するすべての情報は最高です

現在、ドンダイ パゴダの建築複合体は、大仏殿、それぞれ 7 階建ての 2 つの塔、講堂、僧院で構成されています。また、聖武天皇の宝物が納められた正老御殿など、いくつかの古代の建造物があります。ドンダイ パゴダ建築群の最古の建造物は、現在リエン ホア パレスです。

特に、今日の寺院は、何百もの貴重な工芸品やユニークな遺物、そして日本の木彫り芸術の特徴である非常に複雑な彫刻を保護しています.さらに、ドンダイパゴダは現在、歴史的に重要で精神的に重要なアーティファクトの複合体であり、非常に印象的で荘厳で、独特の魅力があり、場所を素敵にしています.地元の旅行者も海外の旅行者も、ここが神聖で魅力的な場所であると感じています。

高尾山

高尾山

標高約600mの山で、年間平均25万人という最も登山者の多い山です。登山道は整備されており、山頂までの道のりはたくさんあります。各クライミングプログラムは約2時間かかり、訪問者は快適にクライミングを体験できます。または、ケーブルカーやエレベーターを利用して山奥まで行くことも可能です。日本一の勾配を誇るケーブルカーです。山には多くの植物があり、約1,300種があります。

四季折々の花々が咲き乱れ、山に登ると四季折々の美しい景色を眺めることができます。古来より霊山と呼ばれ、パワースポットとして近年特に人気が高まっています。古くからこの山には多くの天狗が住むと信じられていたため、山奥の薬王院には多くの天狗像が安置されています。

山から高尾山がくっきり見えます。 「関東の富嶽百景」に認定されています。特に、プロモーション時間は 12 月 17 ~ 26 日の 16:00 ~ 16:30 です。当時、高尾山の頂上からは「ダイヤモンド富士」が見えていました。東京からダイヤモンド富士が見える場所はそう多くないので、機会があれば是非足を運んでみてください。この時期は年によって変動しますのでご注意ください。

上記は、昇る太陽の国に足を踏み入れる機会があるときに訪れるべき最も興味深い観光地の一部です。 忘れられない旅になることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です